2010年04月27日

東京駅ホーム突き落とし 2審も実刑(産経新聞)

 JR東京駅で昨年3月、女性が線路に突き落とされ軽傷を負った事件で、殺人未遂罪などに問われた無職、太田周作被告(25)の控訴審判決公判が26日、東京高裁で開かれた。矢村宏裁判長は「一般人と比べて責任能力が相当程度低下していたとはいえない」として、懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した1審東京地裁判決を支持、太田被告側の控訴を棄却した。

 太田被告は捜査段階の精神鑑定で軽度の広汎(こうはん)性発達障害と診断されており、弁護側は「犯行当時は、障害の影響で責任能力が低下していた」として控訴していた。

 矢村裁判長は「障害の程度は軽度で、犯行当時の記憶も保たれており、被告の責任能力が欠けていたり、著しく障害された状態ではなかった」として、弁護側の主張を退けた。

【関連記事】
大手町駅で突き落とし 殺人未遂容疑で男逮捕
上野駅で線路に会社員突き落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
心神喪失で不起訴 京大病院に不審物の男 京都地検
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
高裁が弁護側の精神鑑定申請却下 広島の女児殺害控訴審

図書館司書、シックハウス労災求め初提訴(産経新聞)
<対戦車用ミサイル>土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)
花瓶に込められた友情…蒋介石と根本元中将(産経新聞)
雑記帳 元西鉄ライオンズの稲尾和久さんモデルに博多人形(毎日新聞)
世界禁煙デーに合わせ、5月末にシンポジウム―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by イガラシ ヨシミ at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。