2010年06月16日

整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)

 乗客106人が死亡した福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長山崎正夫被告(67)の公判前整理手続きが9日、神戸地裁(岡田信裁判長)で開かれた。手続きは非公開で、被告側は起訴内容を否認する意向を表明したとみられる。
 被告側は事前に、否認の根拠として事故が起きる危険性を予見することは困難だったとする書面を検察側に提出。事故現場と同様のカーブは数多くあり、カーブの半径を小さくした1996年当時に自動列車停止装置(ATS)の設置は義務付けられていなかったことを挙げていた。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔写真特集〕JR福知山線脱線事故
JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造
遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい
「課題検討会」などで報告=5年迎え遺族ら集会

“脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」  (産経新聞)
菅首相が所信表明演説 財政再建へ超党派会議 年金議論 消費税上げ視野(産経新聞)
「賠償交渉の会」請求にJR西が回答提示 JR福知山線脱線事故(産経新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(1)(産経新聞)
<CO2>30年の排出量試算、1990年から約30%減(毎日新聞)
posted by イガラシ ヨシミ at 18:16| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。